萩原朔太郎〜近代詩集

萩原朔太郎が好きなので・・・近代詩集ばかり集めてみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

萩原朔太郎 (文庫)

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
萩原 朔太郎
明治19年、群馬県に生れる。北原白秋に親炙するとともに、白秋の「朱欒」を通じて室生犀星と交わりつつ新しい詩風を模索した成果は、大正6年に刊行の処女詩集「月に吠える」に一挙に現れ、鋭敏にすぎる感覚それ自体を、そのまま言葉の造型に象った一巻で詩壇の先端に立つ。同11年の「青猫」以下「純情小曲集」「氷島」等の詩集を含め、評論を併せた作品群を発表。昭和17年に歿した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

美しい町〈上〉 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
『金子みすゞ童謡全集(1)~(6)』は、みすゞの三冊の手書きの遺稿手帳『美しい町』『空のかあさま』『さみしい王女』を底本として、それぞれを上下二冊、全六冊にまとめたものである。手帳に書かれたすべての作品を例外なく収録し、作品の配列は手帳どおりとした。漢字、仮名づかいは、新漢字、新仮名づかいに改めた。ルビは、みすゞが手帳に付したものに加え、小学五年生以上に配当されている漢字にも付した。

内容(「MARC」データベースより)
みすゞが残した3冊の遺稿を、各上下2分冊に編集し全6冊としたシリーズ。使用している漢字を生かしたまま、新漢字、現代仮名づかいに改めた、みすゞの作品集の決定版。「障子」「おさかな」など71編を収録。

在りし日の歌―中原中也詩集 (文庫)

出版社/著者からの内容紹介
旺盛な活動を続ける中での愛児との突然の別れ。「亡き児文也の霊に捧ぐ」という言葉とともに中原が最後に編集した詩集『在りし日の歌』全編と、同時期の代表作を精選。詩人最晩年の活動のすべてを示す。


内容(「BOOK」データベースより)
処女詩集『山羊の歌』刊行の2カ月前、長男文也が誕生。中原中也は詩作・翻訳に旺盛な活動を続ける。しかし、それは蝋燭の炎が燃え尽きる寸前の輝きに似ていた。彼の詩は、徐々にこの世では聞こえない音を浮かび上がらせるようになる。そして、文也の突然の死。不幸は宿命のように彼の上に舞い降りた…。本書には「亡き児文也の霊に捧ぐ」という言葉とともに、中原中也が最後に編集した詩集『在りし日の歌』全篇と、同時期の代表作を精選。詩人最晩年の活動のすべてを示す。

金子みすゞ童謡集Something Nice (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
ダッチャーさんは、ミューズがほほえんでくれるまで、みすゞの作品で心をいっぱいにし、みすゞの平易で、深い日本語を、美しい英語にうつしかえてくれました。

内容(「MARC」データベースより)
〈CD付き〉「私と小鳥と鈴と」「星とたんぽぽ」「積った雪」など、金子みすゞの詩64篇を英訳。みすゞの平易で深い日本語を、美しい英語で味わう。本文は日本語・英語併記。

春と修羅 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
賢治文学の魅力の結晶。

内容(「MARC」データベースより)
風はそらを吹き/そのなごりは草をふく 言葉は呪術性をもったとき、はじめて詩(文学)となる。賢治の「心象」に見える古代的な呪術性。賢治文学の魅力の結晶。初版のデザインを模した装丁で再刊。

萩原朔太郎 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
近代詩史に輝く不滅の金字塔、萩原朔太郎の傑作詩セレクション。

内容(「MARC」データベースより)
言葉のいのちが立ちあがる…。近代人の精神のふるえを鋭く描き、真の口語自由詩を確立した萩原朔太郎。鮮烈なリズムが胸に迫る独特の世界を、押花作家・若林佳子が彩る。近代詩史の不滅の金字塔・朔太郎の傑作詩セレクション。

月下の一群―現代日本の翻訳 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
大正14年、第一書房から刊行されたこの秀逸な訳詩集は、日本の現代詩に多大な影響を与えた。のみならず、多くの読者に愛読され続けた。訳者自身による度々の改訳のあと、著者満60歳、全面にわたり改訳された昭和27年白水社版、上田敏『海潮音』と並ぶ、雅趣豊かな名翻訳詩『月下の一群』。

北原白秋詩集 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
南国的な異国情緒や世紀末的な美意識にあざやかに彩られた象徴詩、やわらかな追憶の風景や子供たちの無垢な心の世界を歌った短歌や童謡。官能と純真さをあわせ持ち、豊かな語彙と多彩な技法で、比類なき言葉とイメージの世界を展開した詩人・北原白秋。現代の詩の光源となった代表的な詩作品のみならず、「城ヶ島の雨」「ペチカ」と、誰もが愛唱した童謡や歌曲も豊富に収録したアンソロジー。

北原白秋詩集 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
「私の故郷柳河は水郷である。さうして静かな廃市の一つである。」北原白秋の詩集『思ひ出』は、幻灯かキネマの影のようにほのかに甦る郷愁の風景を、繊細無比な言語芸術へと昇華した。人妻との許されざる恋、その果ての牢獄生活など、波乱の生涯を送りながら、白秋の詩心は幾重にも輝き続ける。異国情緒溢れる絢爛彩華の処女詩集『邪宗門』から、東洋的な枯淡の境地に達した晩年の作品まで、天才的な言葉の職人の手になる忘れがたい詩のエッセンス。

詩を読む人のために (文庫)

出版社/著者からの内容紹介
詩を読み詩を愛する者はすでにして詩人であります.著者はこう読者によびかける.そのうえで,読者を縛らずにどう詩のふところへ誘うのか.それは,藤村・泣菫・白秋から,朔太郎・中也ら様々の詩を例に,自分の読みとりかたを自己に即して語ることであった.著者の,詩を読む感動が,そのまま伝わってくる好著. (解説 杉本秀太郎)

内容(「BOOK」データベースより)
詩を読み詩を愛する者はすでに詩人であります。著者はこう読者によびかける。そのうえで、読者を縛らずにどう詩のふところへ誘うのか。それは、藤村・泣菫・白秋から、朔太郎・中也ら様々の詩を例に、自分の読みとりかたを自己に即して語ることであった。著者の、詩を読む感動が、そのまま伝わってくる好著。

/ 墨田区紀行/ 千葉の印刷なら千代田印刷/ 美容外科/ ハロー!江東区!/ 鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」/ 横浜関内リラクゼーションサロンDIO/ 幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク/ GOGO!江戸川区!/ アキバ中毒のページ/ 電子たばこ/ 台東クラブ/ 台東紀行/ 高収入バイト情報/ 鶯谷・うぐいすだに/ 日暮里 鶯谷 上野 ニュース/ 東京ぶらぶら/
/

ooo山手線で行く!Libraryooo 山手線エリアのパスタooo 千葉の城下町 千葉市のお城探訪!ooo おやじの聖地、のんべえの街、新橋ooo 上野情報.comooo なでしこJAPANooo ~新宿 Live House~ooo 夏はプールだ千葉特集ooo 千葉市の幼稚園探し・人気の幼稚園を口コミ調査・幼稚園情報!ooo ハイキング自然歩道@千葉ドットコムooo IIS設定備忘録ooo パチスロ必勝!in千葉市ooo ~山手線エリア こだわりの和菓子屋~ooo 千葉天ぷら・千葉天ooo AV・カメラ・PCooo 生活、インテリア.コレクションooo 歴史千葉ooo オーガニック千葉A GO GO!ooo 「TaEco」(タエコ)ooo お笑いタレントooo